新潟県南魚沼市の歯医者・わがた歯科医院(一般・小児・クリーニング・歯周病治療・予防歯科・痛くない・削らない・入れ歯・義歯・・・南魚沼市、湯沢町、十日町市、魚沼市から患者さんが来院されています。
トップ > 診療のご案内> 虫歯の治療 > 虫歯の進み方について
初期の虫歯は予防処置で「再石灰化」を目指します
虫歯の進行状態は4段階に分類されています。みなさんも学校や歯医者さんでC1、C3という言葉を聞いたことがあると思います。これは、虫歯の進行を表す記号です。

しかし最近では、ごく初期の虫歯は、CO(Caries Obsarvation=経過観察)といって、削らずに観察しながら再石灰化を促す予防治療が行われています。

虫歯の進み方 C1〜C4CO:
表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりします。治癒が期待できるので削りません。ホームケアとPMTC・フッ素塗布などの予防処置を行い再石灰化を目指します。

C1:
エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ孔があきます。エナメル質に神経はないので、通常、自覚症状がありません。孔がとても浅い場合で口腔衛生状態が良好であれば、COと同様に歯を削りません。虫歯の進行停止と再石灰化を目指して予防処置を行います。

C2:
象牙質まで虫歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が出てきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。

C3:
歯髄(神経)まで進行。痛みの感じ方には、個人差があります。C3でも症状が無い場合もありますが、多くの場合、しみたり、痛みを感じます。(激しい痛みに襲われるケースもあります。)さらに、炎症が進行すると、歯髄は壊死します。


C4:
歯は歯根だけになってしまいます。歯髄が壊死した状態です。歯根の先に膿がたまります。膿が大きくなると、強い痛みを感じたり、腫れたりします。頬や顎まで大きく腫れることもあります。こうなると治療は難しくなります。
関連情報
診療のご案内:虫歯の治療